クレンジングの方法

クレンジングの口コミランキング

クレンジング方法を間違えると、メイクの残留や摩擦による肌荒れが起こりやすくなります。

クレンジングTOP > 方法

クレンジングは正しく使おう

クレンジングの方法はそれほど難しいものではなく、基本的に、クレンジング剤とメイクをよくなじませ、洗い流すといった方法が一般的です。

しかし、クレンジング方法を間違っている方は意外と多く、メイク汚れを落とすどころか、かえって誤ったクレンジングで肌を傷つけているケースも決して少なくないのです。

クレンジングは毎日のスキンケアの基本ですので、今一度正しい方法を確認し、間違った方法でクレンジングしていないかどうかチェックしてみましょう。

正しいクレンジングの方法

1.クレンジング剤を手に取る

規定の量だけクレンジング剤を手に取ります。

このとき、手や顔は完全に乾いた状態がベストです。どちらかがぬれていると、メイクの油性成分がクレンジング剤となじみにくくなり、メイク汚れが残留してしまう原因となります。

また、使用する量はクレンジング剤によって異なりますが、あまり少なすぎると肌と指の間で余計な摩擦が起き、肌荒れの原因となります。

クレンジングを使用する前は、必ず正しい使用量を確認しておきましょう。

2.クレンジング剤をなじませる

手に取ったクレンジング剤を顔全体になじませていきます。

順番としては、顔の中心から外側に向けて、両手の指の腹で円を描くようになじませていくのがポイントです。

このとき、両手に力を入れてごしごしこすってはいけません。肌に余計な負担がかかり、トラブルの原因となります。

3.細かい部分にていねいになじませる

小鼻のまわりや目元など、特にメイク汚れがたまりがちなところにていねいになじませていきます。

これらの場所はデリケートなので、決して力を入れすぎず、指先でくるくる円を描きながらやさしくなじませていきましょう。

4.乳化または拭き取る

製品によって、洗い流す前に乳化を行うものがあります。

乳化を必要とする場合は、少量のぬるま湯を顔の上になじませ、乳液状になるまでやさしくマッサージします。

また、拭き取りタイプの場合は、この時点でティッシュ・コットンなどを使ってクレンジング剤をきれいに拭き取ります。

特に拭き取りタイプは摩擦が生じやすいので、こすりすぎてしまわないよう注意しましょう。

5.洗い流す

たっぷりの水またはぬるま湯で、顔全体についたクレンジング剤をしっかり洗い流します。

特に生え際やフェイスラインは洗い残しやすいので、意識しながら洗うようにしましょう。

また、このときも肌をこするように洗うのは厳禁です。水やぬるま湯を両手ですくったら、そのまま顔にかけ、こすらないように気をつけましょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) クレンジングの口コミランキング All Rights Reserved.