正しい洗顔方法

クレンジングの口コミランキング

洗顔方法を間違えると、かえって肌荒れやニキビなどの原因となります。

クレンジングTOP > 洗顔方法

誤った洗顔はトラブルの元

洗顔はクレンジングに次いで、基本中の基本となるスキンケアです。

洗顔で肌や毛穴の汚れを落とすことによって、その後の化粧水や美容液の浸透率が良くなり、より高いスキンケア効果につなげることができます。

逆に、洗顔方法を間違えると、肌荒れやニキビ、乾燥など、肌トラブルの原因になってしまいます。

洗顔は毎日のことですので、正しい洗顔方法を身につけ、スキンケア全体の効果を高めるよう心がけましょう。

正しい洗顔方法

1.手をよく洗う

忘れがちなことですが、洗顔の前にはよく手を洗うことが大切です。

手に雑菌や汚れがついていると、洗顔時に汚れが移ってしまうほか、泡立ちの悪さの原因となります。

洗っているつもりで汚してしまっては意味がありませんので、まずはきれいに手を洗うことから始めましょう。

2.顔全体をすすぐ

洗顔料を使用する前に、顔全体をぬるま湯で予洗いしておきます。

適温のぬるま湯で予洗いすることで、毛穴が開き、つまった汚れを落としやすくなります。

ただし、あまり熱いお湯ですすぐと、肌を守っている皮脂まで洗い流してしまい、乾燥の原因となります。

そのため、すすぎは34℃くらいのぬるま湯で行い、毛穴を十分開かせてから洗顔するようにしましょう。

3.洗顔料を使う

すすぎが終わったら、洗顔料を適量取り、手のひらの上で十分泡立てます。

泡立ちが不十分だと、洗っている最中に手と肌の間に摩擦が起きやすくなり、肌荒れの原因となります。洗顔料は十分に泡立ててから使用しましょう。

泡立てたら、顔の上に泡をのせ、両手で円を描くようにしながら洗っていきます。

洗い方の順番は、顔の中心から外側に向けて洗うようにします。摩擦が起こらないよう、やさしく丁寧に洗っていきましょう。

小鼻など汚れがたまりやすい場所は、あらかじめ泡をつけておき、最後に指先でくるくるとやさしく洗うようにするときれいに落とすことができます。

4.泡を洗い流す

洗い終えたら、たっぷりの流水で残った泡をきれいに洗い流します。

すすぎ残しがあると、肌の負担になり、ニキビや吹き出物の原因となります。特に顔の生え際やフェイスラインは泡が残りやすいので、気をつけて洗いましょう。

また、すすぎのときも、ごしごしとこするように洗うと肌が痛んでしまいます。洗顔の時間よりもさらに十分な時間をかけて、こすらずに洗い流しましょう。

すすぎ終えたら、タオルで肌を軽く抑えるようにして水気を拭き取り、すぐに化粧水などで保湿を行います。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) クレンジングの口コミランキング All Rights Reserved.