W洗顔はよくない?

クレンジングの口コミランキング

W洗顔は、必要だという意見と不要だという意見に二分されています。

クレンジングTOP > W洗顔

W洗顔は賛否両論

W洗顔とは、クレンジングした後に、洗顔料を使って再度顔を洗うことです。

クレンジングは『メイク汚れを落とすもの』、洗顔は『汗やゴミなどの汚れを落とすもの』とそれぞれ用途がわかれているので、クレンジングした後、残りの汚れを洗顔で落とすわけです。

しかし、W洗顔については賛否両論あり、クレンジングだけでメイクも汚れも落とせるので、W洗顔は必要ないとする意見もあります。

以下に、W洗顔に対する賛成意見・反対意見の両方をまとめてみました。両方の意見を把握し、W洗顔の判断材料にしてみてください。

W洗顔賛成派の意見

メイクには油分が多く含まれているので、通常の洗顔料ではきれいに落とすことができません。

そのため、メイクをした後は必ずクレンジングが必要ですが、クレンジングだけでは汗や古くなった角質が残っている可能性があります。

また、クレンジング成分そのものが残留しているおそれもあり、汚れが残っていると肌荒れやニキビの原因となります。

さらに、汚れが毛穴につまることで化粧水や美容液の浸透率が悪くなり、肌の老化を招くことも考えられます。

W洗顔反対派の意見

一方、W洗顔反対派の意見は、やはり肌への負担を懸念したものが多く挙げられます。

肌の洗浄はスキンケアの基本ですが、クレンジング剤や洗顔料には界面活性剤が配合されており、洗うたびに少なからず肌に負担をかけてしまいます。

特に、最近のクレンジング剤はしっかりメイクも落とせるよう、かなり強い洗浄成分を使用しているので、W洗顔すると洗い過ぎになる可能性があります。

肌を洗いすぎると肌を守る皮脂や善玉菌までなくなってしまうので、クレンジング後は洗顔はせず、ていねいにすすぐだけで十分とされています。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) クレンジングの口コミランキング All Rights Reserved.